Category

拡張現実(AR)

新しいARkit2を試してみる

By | アプリケーション, 拡張現実(AR)

WWDC2018でios12などとともにARkit2の発表がありました。
Bata版の公開が始まったので早速試してみます。

新しいARkit2を試すには?

試すのは簡単。WWDC2018で公開されたデモアプリ「SwiftShot」がAppleの開発者ページからダウンロードできます。 あとは、Xcodeとiosを最新のbata版にし「SwiftShot」をインストールします。

ios12bata版へのアップデート

デペロッパーサイトのダウンロードページに行きXcode 10 betaとiOS 12 betaをダウンロードします。

ダウンロードできたらios12を入れる端末をmacにつなぎます。

Apple Configurator2を立ち上げます。

接続している端末が表示されるのでダブルクリックします。

サイドメニューからプロファイルを選択しダウンロードした、iOS_12_Beta_Profile.mobileconfigをドラックアンドドロップで端末に入れます。

端末の画面にプロファイルのインストールのウィンドウが現れるのでインストールを選択します。

インストールが完了したら、設定を開き一般>ソフトウエア・アップデートに行きios12をインストールします。

Xcode10bata版へのアップデート

次にXcode。ダウンロードしたファイルを解凍します。

Xcode-betaができるのでこれをダブルクリックすると必要なファイルがインストールされます。

SwiftShotを起動してみる

Xcode-betaを起動してSwiftShotを開き端末にビルドします。
teamの設定を忘れるとエラーになります。

起動したら動きにくいので、一旦Stopさせて端末の接続を解除し、もう一度アプリを起動します。
これで、「SwiftShot」を試すことができます。

SwiftShotを起動してみる

Junaioサービス終了?

By | Junaio
Junaioのサービス提供元であるMataioがAppleに買収されたようで、それに伴いサービスを随時終了していくようです。
■Junaio ・新規の開発者登録はできません ・チャンネルのPublic申請は2015年6月30日まで可能です ・Junaioのアプリケーションおよびチャンネルは2015年12月15日まで引き続き利用可能です
Appleが今後ARを使ったサービスを提供してくることが考えられるわけですが、車やVRヘッドセットも開発しているとか。 iOSの開発でARライブラリがでてくるかもしれませんね。カメラのいち機能としてARがついて制作ツールが出ると面白いですね。アプリを改めてダウンロードしないといけないことをデメリットに感じるクライアントもいるので、標準でつくと利用も増えそうです。 当然appleがつければgoogleもつけるでしょうし、面白くなってくるかもしれません。 Appleが定評のある拡張現実スタートアップMetaioを買収していた http://jp.techcrunch.com/2015/05/29/20150528apple-metaio/