Category

アプリケーション

RICOH THETAでも簡単自由編集「 Free Capture」(フリー・ キャプチャー)を行う

By | 仮想現実(VR)

4KVRカメラInsta360Oneの特徴の一つに自由編集「 Free Capture」ですが、RICOHの60度 全天球カメラ THETAでも行うことができます。
前回、Insta360Oneの記事でも書きましたが、Insta360Oneのパソコンでの編集ソフト「Insta360OStudio」ではmp4形式のファイルが読み込むことができます。とゆうことは、THETAで撮影したのでもできるんじゃないかな?と思って試したところ問題なく読み込み編集できました。

持っているのがTHETA Sなのでとりあえず撮影し、パソコンにデータを読み込みます。

次にパソコンのTHETA編集アプリでこれをパノラマに変換。(スマホアプリで変換し読み込んでも良いと思います。)

それをInsta360OStudioに読み込みます。あとは編集して書き出せば完了です。

今回は、THETA SなのでFull HD画質ですがInsta360Oneが4KなのでTHETA Vで撮影したデータも編集できると思います。残念ながらスマートフォンアプリの「Insta360One」にはカメラーロールなど外部データを読み込むことができないので、編集することができませんが、凝った編集をしたい方はスマホよりパソコンの方がやりやすいと思うので良いのではないのでしょうか?

「Insta360OStudio」は無料で利用することができます。THETAで360度動画を面白く編集したい方は試してみてはいかがでしょうか?

360VRカメラ Insta360 ONE ステッチについて

By | 仮想現実(VR)

Insta360ONEの大きな特量に「FreeCapture(自由編集)」があります。撮影した360°映像から自由にカメラ視点を動かしたりリトルプラネットなどの表示方法を変えたりができる編集機能で、スマホアプリとパソコン用のソフト「insta360 studio」どちらでも行うことができるようになっているのですが、実際に使ってみると「insta360 studio」でどうもうまく編集できずいろいろ試した結果うまくできたので覚書です。

Insta360oneで撮影したデータは、静止画は「insp」「dng」、動画は「insv」という形式で保存されるのでこれをカメラ本体から取り込み「insta360 studio」で開くと次のように次のよう表示されます。

「capture」に切り替えると自由編集を行うことができます。
ただ、前後は問題ないのですが、横を表示しようとすると90度傾いたような状況になってしまいます。
横に展開された状態の表示が出ているのですが、水平が出てません。このせいでこのような状況になってしまいます。

スマートフォンアプリでは、こんなことはなくうまく横を表示することができます。
試しにスマートフォンアプリからスマートフォンに保存しこれを、パソコン取り込んで見ます。

スマートフォンアプリからスマートフォンに保存する際にデーターはMP4形式で保存されます。
これをパソコンに取り込んで見てみると水平がちゃんと出ているようです。

「insta360 studio」では、MP4ファイルも読み込めるので、読みこんで「capture」にして横に動かすと問題なく横を表示することができました。

子供でも使えるVR ゴーグルヘッドセット

By | 仮想現実(VR)

VIVEやOculus RiftなどのHMD VRヘッドマウントディスプレイや、スマホを使った安価なVRゴーグルヘッドセットは、擬似的に左右の目に違う映像を投影するなどの構造上、目に大きな負担がかかるので12〜13歳以上の利用が推奨されています。

イベントなどでVRコンテンツを行う場合には、13歳以下のお子さんでも楽しんでいただけるコンテンツも用意し、そちらを楽しんでいただくようにしています。

Read More
ZEISS VR ONE Plus 本体

調整不要で楽しめるカジュアルVR HMD 「ZEISS VR ONE Plus」

By | 仮想現実(VR)

カメラレンズなどを製造している「カールツァイス」がスマートフォンを装着し楽しむカジュアルVR HMD 「ZEISS VR ONE Plus」の日本国内での 販売を12月9日(金)より開始することが発表されました。

ZEISS VR ONE Plus の特徴

ヘッドマウントディスプレイは装着後にピントの調整が必要なのですが、ZEISS VR ONE Plusはこの作業が不要。ピントを度々調整するのは意外と面倒なので、つけてすぐに楽しめるこの機能は便利だと思います。他にはメガネをつけての装着が可能で、視野角は100度。メガネも装着しないとVRの映像がボケて楽しめない人にとっては大きいと思います。

製品概要

製品名       :ZEISS VR ONE Plus
販売予定日     :2016年12月9日(金)
メーカー希望小売価格:15,800円(消費税抜)
視野角(FOV)     :100°
IPD(瞳孔間距離)   :53mm~77mm
対応スマートフォン :液晶サイズ 4.7インチ~5.5インチ
同梱品       :ZEISS VR ONE Plusヘッドセット本体
           ユニバーサルトレー
           ヘッドストラップ

“Google Cardboard SDK”に対応。“iOS”及び“Android”のどちらでも豊富な対応アプリを楽しめます。

プレスリリース:https://www.atpress.ne.jp/news/117112

 

価格が15,800円と結構しますが、ピント機能の精度では買いだと思います。ちなみにAmazonでは輸入品の購入がすでにできるようです。

続・つかえる VRゴーグル(スマホゴーグル)選び

By | 仮想現実(VR)

以前、VRゴーグル(スマホゴーグル)購入に関して書きましたがそれから、YouTubeをはじめ、360channeldTV VRSHOWROOM VRなどVRコンテンツを配信するプラットフォームが増えてきました。

そうなると、音も一緒に楽しむためにVRゴーグルをつけてヘッドフォンを装着するのは面倒です。なのでヘッドフォンが標準で装備されている商品がないか探してみました。

数は少ないですが、いくつか製品が出ているようなので、以前の条件+ヘッドホン付のものを新たに購入してみました。

購入したのはこちら

img01価格は、3,500円くらいでヘッドフォンを標準装備。

img03右上にイヤホンを使わない時に固定するときの穴あり。スマホ接触部分に滑り止め用のゴムあり。下部のスマホを受ける部分はスライドでサイズ調整可能

img02本体下部には音量調整と画面タップ用のボタン(あまり使えない・・・)

img04顔に接触する部分は合皮(ビニール?)なので、拭き取るなどのメンテナンスが可能。

ヘッドフォンを内蔵しているので、ヘッドフォンを探したり取り付ける手間がなくすぐにコンテンツを楽しめます。スマホ取り付け部の着脱はこの商品はできないのですが背面がスモークがかかっているのですが透明な素材でできていて、実際にカメラの映像ではスモークはほとんど気にならないので、十分 ミックストリアリティー(複合現実)も楽しめそうです。

ただ一点だけ残念なのがGoogle CardboardのSDKを使ったコンテンツでは、Androidは違うかもしれませんがイヤホンジャックが付いている方向にiphoneの向きを合わせると逆に成ってしまうので、イヤホンジャックが逆にあった方が使いやすいです。コードが蛇腹に成っており伸ばせば十分逆でも使えないことはないのですが。それを考えても3,000円の価値はあると思います。

ガジュアルVRゴーグル選び

By | 仮想現実(VR)

Oculusが登場して、手軽にVRを楽しむためのスマートフォンをHMDのディスプレーとした利用する樹脂や紙を使ったカジュアルVRゴーグルが登場しています。GoogleのCardboardなどが有名です。


Oculusが登場した数年前に出ていたものは、作りもあまり良くなく値段も高いものが多かったです。
なので買うより、自分で作った方がいいと思い「空想めがね」という紙製のVRゴーグルを作ったりもしました。

最近では、安価で作りもしっかりした商品が多数販売されるようになってきたので、試しに一つ買ってみました。

選んだ基準は
・自分の持っているスマートフォンが利用できる
・目に合わせてレンズの調整ができる
・イヤホンジャックの接続が可能
・スマートフォンのカメラ機能が使える
・皮膚に当たる部分がスポンジでないもの


調べてみると、最初の3項目に関してはほぼ対応しているようです。次のカメラに関しては、ARとVRを掛け合わせたミックストリアリティー(複合現実)のコンテンツテストなどを行いたいのでカメラのレンズが塞がれないものを探したのですが、これも多くの商品で問題なさそうです。

最後の皮膚に触れる部分がスポンジでないもの。これがありません。ほとんどがスポンジです。Oculus試作機を体験されたことがある方ならわかると思うのですが、スポンジは汗や油分を吸ってしまうので人と交換して使う場合や、付け直す際などに不快です。拭き取ることもできないので関連商品でカバーやマスクが出てるほどです。

またスポンジなので、すぐに朽ちてしまいます。
なので、メンテナンスを考えスポンジではなく合皮などでできているものを探しました。


で最終的にこれを買いました。

img05

作りもしっかりしてて、カメラが使えるように背面は着脱式。

img07

皮膚にあてる部分はスポンジではないので、気になる時はウエットティッシュなどで拭き取れメンテナンス性もいい。これでしばらく楽しめそうです。

img06

 

Junaioサービス終了?

By | Junaio
Junaioのサービス提供元であるMataioがAppleに買収されたようで、それに伴いサービスを随時終了していくようです。
■Junaio ・新規の開発者登録はできません ・チャンネルのPublic申請は2015年6月30日まで可能です ・Junaioのアプリケーションおよびチャンネルは2015年12月15日まで引き続き利用可能です
Appleが今後ARを使ったサービスを提供してくることが考えられるわけですが、車やVRヘッドセットも開発しているとか。 iOSの開発でARライブラリがでてくるかもしれませんね。カメラのいち機能としてARがついて制作ツールが出ると面白いですね。アプリを改めてダウンロードしないといけないことをデメリットに感じるクライアントもいるので、標準でつくと利用も増えそうです。 当然appleがつければgoogleもつけるでしょうし、面白くなってくるかもしれません。 Appleが定評のある拡張現実スタートアップMetaioを買収していた http://jp.techcrunch.com/2015/05/29/20150528apple-metaio/